オフショアエンジニアリング株式会社

OECについて

代表者ご挨拶

さらに信頼される企業を目指して

オフショアエンジニアリング株式会社は、平成2年創業以来「沖合洋上」を仕事場として歩んできた企業で、防衛省の関連機関および同関連会社を主なお客様として、海上での試験支援の業務を行ってまいりました。

平成25年6月からは業容を広げ、国際航海船舶を含む作業船を保有し、船舶運航業務および関連会社の保有する遠隔操作無人探査機(ROV)の運航業務を開始いたしました。 また、平成27年6月には海面下3,000mまで海底掘削調査をすることが可能な国内の民間企業では初の多目的作業船「POSEIDON-1」を竣工し、我が国の将来の成長を担う海洋開発関連事業に深田サルベージ建設グループの一員として様々なプロジェクトに参画しております。

これらの業務を実施する上で弊社が常に心がけておりますことは、「常に安全かつ、確実に実施する」、「常にお客様の立場で考える」、また弊社の礎となる社員および家族はもちろんのこと、関連協力会社との信頼関係の構築です。この理念を貫き、さらなる経営資源の強化を図ることでお客様の満足と社会貢献を達成していく所存です。

これからも「OFFSHORE」を舞台に社会の期待に応え、皆様に信頼される企業であり続けるよう決意を新たにしておりますので、なお一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
山本 寿生