オフショアエンジニアリング株式会社

事業紹介

運航管理部

国際標準に基づき船舶管理を行います。

国際航海資格船又は国内航海船を問わず当社所有の船舶は、船舶安全と環境保全管理(ISM)、船舶保安管理(ISPS)、船員労働生活条件管理(MLC)をはじめ、DPS(Dynamic Positioning System)の運用及び曳航作業等は国際標準に準拠して管理しており、国内外のお客様に高水準の特殊船品質をご提供し、信頼と好評を得ています。

また同業他社に先駆け業務の効率化と高い専門性をめざし、船舶管理会社に業務を委託し、当社はそれを管理しています。

工務管理業務
関係法規・船級規則・その他の条約等に従い検査・修繕・改造を施し、船舶の品質・向上を図っています。
安全・環境及び保安管理業務
船級協会により承認されたマニュアル・手順書等を標準として、会社及び船舶の運用実態の監査を受け、適合証等を維持しています。
船員の労働生活条件
船員・健康・医療・福祉・社会保障・居住設備・娯楽設備・食糧・供食などについてILO条約要件に基づき管理し、船級協会により監査を受け、維持しています。
DP Officer
DPSを運用するオフィサーは全員、専門教習機関(ノルウェー・米国・シンガポール等)にて所定の教育課程と運用実歴を基準にクラスAからDまで階級わけされ、それぞれの職務範囲を定め、安全を確保し、品質を維持しています。
Survival Traning
当社船員は、海洋資源開発産業における国際標準のOPITO(Offshore Petroleum Industry Training Organization)認証機関によるサバイバルトレーニングを3年間に1度の割合で継続して訓練し、その修了者が乗務しています。
またそれら乗員はPersonal Safety Booにて管理しています。
船舶保険等
当社の全船舶は、船体そのもの危険を担保する船舶保険と第3者賠償保険に加入し、不測の事態に備えています。
ROV運用技術者
ROV(水中作業ロボット)運用技術者を養成し、高いパフォーマンスのサービスを提供しています。